トマトの健康効果は医者も青くなってしまうほど

トマトの健康効果は医者も青くなってしまうほど

健康促進に効果的な食材と聞くと、最初に思い浮かべるのがトマトとリンゴです。

 

 

今回はトマトについて書いてみたいと思います。「トマトが赤くなると医者が青くなる」イタリアにあることわざだそうです。その由来はトマトの健康効果があまりに高いため、トマトが十分に熟して市場に出回るとみんなが健康になってしまい、医者の出番がなくなってしまうからだとか。いつ頃生まれたことわざかは知りませんが、きっと以前からトマトの健康効果についてはよく知られていたのでしょうね。

 

 

初めてこのことわざを聞いたときに興味を持ってトマトの効能についていろいろと調べてみました。トマトが赤くなるのはリコピンという成分のおかげだとか。このリコピンがすごい健康効果を持っています。強い抗酸化作用により活性酸素による肉体へのダメージを軽減し、老化を遅らせてくれるとか。ほかにも皮膚の張りとつやを保つ効果があったり、がんを予防する効果があったりといろんな恩恵を与えてくれるそうです。

 

 

リコピンってすごいですね。リコピン以外にもトマトには健康にいい成分がいろいろと含まれています。ビタミン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分に食物繊維など健康維持に重要と言われている成分がずらりと並んでいます。健康に関して紹介する番組でもよくトマトの効能について紹介していますが、きっとこういう成分が豊富なことが理由なんでしょうね。

 

 

ちなみにトマトは過熱した方が栄養の吸収率がいいそうです。トマトのスープなどをよく栄養士の先生が進めていますね。自分もよくホールトマト缶を買ってきてスープにしています。簡単で美味しく健康的な食事って理想的ですよね。そうそう、トマトって実は野菜じゃなくて果物なんだそうです。嘘じゃありませんよ?本当に果物らしいです。やっぱり糖度が高いからでしょうか。品種改良して糖度のとても高いトマトなんかもつくられているそうですし、これからはトマトが果物として広く認知されるようになるかもしれませんね。