なぜ健康になろうとしないの?不健康に気づかない方へ

なぜ健康になろうとしないの?不健康に気づかない方へ

不健康でも良いことはありません。

 

なぜ健康になろうとしないのでしょうか?
自分の中性脂肪に気づいていますか?

 

 

不健康な男性

 

 

中性脂肪が多くなると体に不都合が生じてきます。
例えば、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などです。また肥満になるとメタボリックシンドロームを引き起こします。では、中性脂肪がなぜ増えてしまうのでしょうか。

 

 

食事に問題

 

 

中性脂肪に関わる食事を定期的にしているとやはり脂肪の蓄積が起きます。肉ばかりの食事になり野菜が不足しているといけません。脂分の多い肉、揚げ物、コレストトロールの卵などの食べ過ぎは良くないです。

 

 

タバコを吸っている

 

 

タバコは健康にいい事はありません。血液の流れを悪くします。赤血球が酸素と結びつく事も邪魔してしまいます。これでは血液はドロドロになります。

 

 

ストレスが多い

 

 

ストレスを一切抜きにして生きていく事は不可能ですが、ストレスが多過ぎてはいけません。中性脂肪とストレスは何も関係なそうに思えるかもしれませんが、実は両者は共に影響します。人間がストレスを受けると自律神経やホルモンバランスが乱れます。その変化により中性脂肪の値を上げる事になります。・運動が足りていない 車の移動が多くて、近頃歩く機会が減っている人もいます。適度な運動は肥満防止になります。

 

 

先天的な人

 

 

 

生活習慣はいたって健康的と言えるのにそれでも中性脂肪の値が高い人もいます。そのような人は先天性のものかもしれません。家族にそのような人がいれば遺伝している可能性があります。

 

 

中性脂肪を下げる食事のポイントとは?

 

健康診断や人間ドックなどで「中性脂肪が高い」と言われてしまいビックリ…という人は多いはず。

 

中性脂肪というのは血液中の中性脂肪が多い状態。そのまま放置しておくと動脈硬化になってしまい、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす恐れがあります。
そこでここでは、中性脂肪を下げる食事のポイントをご紹介します。

 

食事の基本は和食

 

和食というのはユネスコ無形文化遺産にも登録されており、世界的にもその理想的な栄養バランスは認められています。
現代社会においては世界の様々な料理を食べることができますが、「一汁三菜」を基本として多様な食材を使い、動物性の油脂も少ない和食というのは健康に良く、カロリーも抑えやすい理想的な食事だと言えます。
普段から洋食ばかり食べている…という人は、出来る限り和食メインの食事にするように心がけたいものです。

 

サバ・サンマ・イワシなどの青魚を食べる

 

青魚は中性脂肪を下げてくれる…と言うことを聞いたことがある人も多いと思います。
これは、青魚に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)という多価不飽和脂肪酸の一種に、中性脂肪の合成を抑制するはたらきがあるからです。
また、血流良くして血栓を防ぐ効果もあるため、その点でも動脈硬化を防いでくれるはたらきがあると言えます。

 

食物繊維の含まれているものを多めに食べる

 

食物繊維というと便秘に良いというイメージですが、中性脂肪を下げるのにも実は役立ちます。
これは、食物繊維を摂ることで糖質や脂肪などが体内に吸収されるのを抑制するはたらきがあるからです。
食物繊維が豊富に含まれている野菜や海藻類、キノコ類などを出来るだけメニューに加えるようにしたいものです。
これらの食材はカロリーも低いですから、ダイエットにも役に立ちますよ。

 

食べ過ぎに注意

 

いくらこのように体に良い食事を食べていても、量を食べ過ぎてしまっては意味がありません。
なので、何よりも「食べ過ぎない」ということが大事です。
普段から満腹になるまで食べない、腹八分目で止める、という習慣をつけるようにしましょう。

 

 

中性脂肪を下げてくれるお勧めの飲み物を紹介します。まずはコカ・コーラのからだすこやか茶です。難消化性デキストリンを含みます。脂肪の吸収を抑制して糖の吸収もおだやかにする作用があります。脂っこい食事をしている人には特にお勧めできます。

 

 

またサントリーの黒烏龍茶もお勧めです。ウーロン茶重合ポリフェノールが脂肪の吸収を抑制し、体に脂肪が付きにくくなるお茶です。中性脂肪の値が高くなると病気になるリスクを高めます。そうならないように普段から中性脂肪対策になる飲み物を口にするのもいいでしょう。

 

 

中性脂肪はイマークsでも対策することができます。
イマークsの口コミ